ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Thank you !! ホビーショー 無事終了 ♪ | main | きょうの作業台 妹編 >>
2015.05.11 Monday

トレラーハウスを追っかけろ!!


ホビーショーも終わり GWも終わってしまいました。
脳内ぼよよ〜〜んとしたままで でもちょっとだけ部屋の片付けをしたんだけどね。
でも完全に片付け終わってません。
ブラックホール的になっている押し入れの中もかなり断捨離が必要だし。
まだまだ作りかけのパーツもあるしでやることはたくさんあるんだけど
見ない振りして過ごしたGWでした。
いろいろチマチマと手はうごかしていましたけど どうもてきぱきと進まず
まだ 中途のままで作業台を占領中。




ホビーショーのご報告は あまり写真を撮っていないしウロウロしていただけなので
書くべき事が……ない気がする。

でも やった事はひとつある! トレーラーハウスがビッグサイトに運ばれてくるのを見に行った。

まったくトレーラハウスを見に行くなんて考えてなかったんだけど。
えりすけさんが見に行くって言うのを知って 『え〜〜〜!それはおもしろい。行きたい!!』
って思ったんだ。でも 仕事あるし、その後はホビーショーの前日準備だし。とすぐに行くって
決心がつかなかったんだけど。
よ〜〜く考えてみたらトレーラーハウス見て帰ってきて寝る時間ってもしかしたら
いつも寝る時間とそんなに変わらないんじゃない?
ってことで えりすけさんに同行する事にしたのだ。

えりすけさんは ビッグサイトのホテルを予約して準備万端整えたつもりだったんだけど
予約した日にち間違えていたんだよ。
そのあともうホテル満室で取れなくって 寝袋で寝てもいいしと本人は言っていたんだけどね。
野宿はイカン!って うちの近所のホテルが空いていたらそっちにしなよ
タクシー代も半分になるよ!と進言。
えりすけさんに野宿の話したら そんなこといくら何でもしないよ。
トレーラーハウスの中で寝ようと思ったんだよ。
その手があったかと感心したんだけど。なんとかうちのそばのホテルの予約が取れたという事で安心したんだ。

それを知ったメンバーから トレーラーハウスがビッグサイトに入るのを実況せよ!
という指令が入る。
急きょ 実況用アカウントとって ドキドキの準備。
その翌日には 動画もね。と追加が入る。動画〜〜〜?撮った事ないぞ。
写真係になったえりすけさんも 夜間撮影なんて〜〜〜。
このコンビかなり怪しい。

夕方 えりすけさんと打ち合わせ。
早めに到着して待機するという事で りんかい線最終の一本前で移動しようと決定。
わたしがえりすけさんのホテルまで迎えに行く事にして(じつはこれ大事な事で えりすけさんは
かなり方向音痴なんだ)

そして予定通りに電車に乗って現場に向う。

 駅に着いた。

えりすけさんはここはどの辺り?とキョロキョロ。
わたしも地図を見ながらトレーラーハウスがやってくる駐車場を目指す。
その途中で Jさん発見。もうあそこに来ているよと教えてくれた。

 ↑
 Jさん撮影 これが走ってくる姿を……。見られるんだね。
 
かっこいいよ〜〜〜。テンション急激にアップ。

この道を通るんですよね。と何度もしつこく確認しながら駐車場に入るための道を確認。
この辺りで待っていればいいと待機。
待機していてもなんだかそわそわ。

わくわくは止まらない。

そして トレーラーハウスがうごく。
録画モードにして ヒューンと目の前を通っていったトレーラーハウスを追う。
うまくいったぜ!
そのまま ふたりでトレーラーハウスを追いかけて走る、走る。
『思わず 運転手さんに 手を振っちゃったよ〜〜〜♪』えりすけさん
走りながらも
お互い『かっこよかったね〜〜』 連発。

この時は 様子見の試走で駐車場には入らなかった。
もう一度 いまのところを通るというので もどるもどる、走る走る。
もういちど見られる。

駐車場から戻るために走る えりすけさん!

そしてもう一回、録画モードにして追いかける。
かっこいいよ〜〜〜。
二人でキャーキャー飛び跳ねる!! もう テンションマックス!


駐車場に戻って いまの動画をツイッターにアップだ!
え〜〜〜〜、動画がないんですけど……。
探す探す、ないよ〜〜〜。完璧にかっこ良く追ったのに。
データーがどこにもないんです。iPhone どうした!
そして気づく。  あぁ〜〜〜〜汗汗汗汗汗汗
やっちまいました。録画モードにしたけれど 録画スタートのスイッチを
入れてなかった〜〜〜〜。

がっくり脱力、わたしの今回の最大の目標は 道路を走るトレーラーハウスを撮る事だったのに。

 わたしが撮れたのは これだけ……。

『運転手さんに手を振ったの見えましたか?って聞いたら見えたって言ってたぁ〜〜』
えりすけさん:談

ショックを引きずりながらも作業は進む。
目が離せない。わくわくするのも止まらない。
大きな重機ってかっこいいとか話しまくる。


トレーラーハウスを持ち上げるフォークリフトがトラックで運ばれてくる。



重心の位置を決める為に 何回かトライ。入り口側が重いようです。




ビッグサイトへの入り口横に待機。ビッグサイトの中にはすぐには入れない。
会場内の出展ブースの位置の印付けが終わらないと トレーラーハウスを設置できないのです。

その間にも 菅沼さんは入り口のサイズを測ってトレーラーハウスがうまく通るかどうか確認。
わたしたちは待機。



トレーラーハウス 中へ無事に入る。まだブースへの設置OKは出ていないので
隅っこで待機。



そしてやっとOKが出て。設置作業へ。


 

図面上の最初の位置だと 下に電気のコード類が入っている鉄板の上になる。

 
 位置調整。

 

位置も決まり いよいよビッグサイトに設置することに。


 着地の瞬間。


無事に設置後 わたしたちは帰ったのですが
菅沼さんは トレーラーハウスの固定や
一度バラしたデッキを設置する作業へ。

一人で作業する菅沼さん。
トレーラーハウスを移動する、無事に設置することを
考えると寝られなくってと言っていたのを思い出します。
トレーラハウスの移動は本当に大変な行程がいっぱいだった。


そして 午後になってメンバー集合、デッキはビスケット隊の手でお色直しして
メンバーは小屋を組み立て。怒濤の準備作業に入って 23日を迎える事になったのです。

帰りのタクシーの中で
「えりすけさん 寝られる?」
「興奮して寝られないかもしれない」

そして 午後
「帰ってちゃんと寝られた?」
「バタンキューだったよ」(こらこら……)



で、もひとつ後悔。
25日 トレーラーハウスは設置のときより早くトラックに乗せる事ができたみたいで
それなら 残って帰るところの動画を撮ればよかったと……。残しておきたかったよ。
あの姿。みんなに見せてあげたかった 本当にかっこ良かったんだよ。



この写真を見て思ったのでした。


菅沼さんには 本当にお世話になりました。心より感謝いたします。
ありがとうございました。

■ 菅沼建築設計 → http://bit.ly/1JMaSq7
■ えりすけさんのブログにもこの時の事が → http://bit.ly/1bxRVfL




小屋女子計画のはじめての本 ただいま絶賛発売中!


 


 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album