ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< きょうの作業台:jan.30 | main | シートバッグ KUPU にて発売中です。 >>
2018.02.06 Tuesday

あずきと麹で あずき甘酒?

 

 

FBでシェアされて知ったあずきを使った甘酒?あんこ?正式には何て言うんでしょうね。

作り方は甘酒とほぼ同じ、ご飯を小豆に変えただけ。

炊飯器を使って作るレシピでしたが わたしは甘酒を作りたくて買ったヨーグルトメーカー&

甘酒メーカーを持っているのでそれを使って作ってみました。

 

分量だけはレシピ通りに 小豆と麹は同量を守ってあとはいつものように 適当に。

温度にはちょっと気をつけます。

 

小豆は一回茹でこぼししてアクを抜いて 指で潰れるくらいの柔らかさに煮ます。

ほっておいたせいで危うく焦がすとこだった、あまり水分が残ってない状態で小豆が茹で上がる。

あとは 温度を60℃ぐらいにさまして麹を混ぜて 55℃から60℃の間に収めて甘酒メーカーに。

小豆の温度を下げるのにちょっとお水を入れた(こういうところはせっかちなんです)

 

この甘酒メーカーは55℃までの温度設定なので55℃で設定。時間は甘酒と同じで8時間設定。

途中1時間ごとに2回ほど混ぜて、あとはほっておく。途中気が向いたときに混ぜる。

 

そうやってできたのが これです ↓

 

 

 

 

甘酒もなるべく水分少なめに作って薄めて飲むようにしているのでこれでわたし的にはOK。

柔らか目のあんこみたいな感じに出来上がったかな。白いつぶつぶが麹。

優しい甘さに出来上がり。甘い小豆の後に麹の味が付いてくる感じです。

ちょっと味が馴染んでないように思ってしまった。

冷蔵庫で保存しているうちに最初に感じた味がバラバラなイメージが少なくなったのは

そういうものなのか舌の方が馴染んだのかは不明。

出来上がったばかりの時は特にバラけた感じが際立ったので ??マークがついた。

それではと 豆乳を入れてみたらこれは成功。

 

 

 

 

 ↑

豆乳を投入したところ。混ぜてスプーンで食します。今回は温めず冷たくそのまま。

小豆のままだとわたしには甘すぎるのでこれでちょうど良い感じです。

 

 

 

 

白玉を入れたりしてもいいかなと思ったのですが白玉粉のストックがなかったので

ほうじ茶アガー(糖分なし)を入れた。これは有り!きな粉も合うと思う。

 

 

 

 

でもこの次はやっぱり甘酒作っちゃうかな。甘酒は調味料にも使えるからね。

ヨーグルトには甘酒の方が合うし。

 

でもたまのおやつには良いかも。

 

 

お友だちがこ甘酒メーカーを見つけてきてくれたのでお願いして一緒に買ったもらったのだけれど

お互いに甘酒作りに活用しております。

塩麹も作れるんだって。

わたしが使っているのは 下のものと同じもの。

 ↓

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album