ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2018 のこと | main | マルシェセットを作る:1 >>
2019.03.14 Thursday

2018のこと:夏 

 

 

夏にスプンクのえりすけさんとソーダキャップを売りました。

 

『勝手にソーダキャップイベント』のことは

えりすけさんのブログで! こちらをクリック!

          

         ↓↓↓

* https://erisuke.exblog.jp/29722411/

 

 

前々から自分用の簡単に組み立てられる什器を作ろうと思っていたところなので

このイベントは良い機会ということで作りましたよ。

 

パタンと開いて棚板をはめ込めば簡単なお店やさんになる小屋。

 

それがこれです。正面はこの後 棚をつけられるようにどうするか窓をつけようかとか

いろいろ考えていたのですが この時はプラダンをとりあえず貼り付けました。

 

 

 

 

 

 


 

この小屋の構想が浮かんだときに うまくいくかどうか 試作を兼ねてこんな棚を作りました。

 

 

この棚と小屋は基本的につくり方は同じです。

使う木材やサイズを大きくすればいいだけです。

 

作り方は こちらでみてくださいね。

 ↓↓↓↓ 

*『さっと組み立ててささっとバラしてしまうことのできる 棚』*

                   

 

この小屋を作るときに 大きな失敗をしてしまった。

 

本体を完成させる前に棚板に穴を開けてしまった。

ぴったりだとほくそ笑んでいたら思わぬ落とし穴が........。

蝶番をつけたらダボの位置がずれて棚板がちゃんと治らなくなってしまった。

片方の穴をめちゃくちゃ大きくしてなんとか収めたけれど これは大失敗でした。

手順を間違えるとこういうことになってしまうのでした。

 

 

にんまりとほくそ笑んでいた時の写真。

 

そして この小屋が出来上がって現場に移動させるときに 大きなショックを受けるのです。

 

重い、重い重い、一人でたったかたぁ〜〜と運ぶイメージで作っていたのですが 思った以上に重かった。

これは一人で運ぶのは厳しい、宅急便屋さんにもちょー迷惑かも。

これは 失敗、木材を変更して作り直さなければ........。

しかし作ってしまったこのコはどうすればいい?

ただの邪魔者になってしまう、バラすか........しかしバラした木材を使うアテはない........。

 

とりあえず いまは考えるのをやめよう、見えないところにしまっておこう。しばらくの間は忘れよう。

 

そんなある日 友人から連絡があったのです。

 

夏のイベントの時にあったあの小屋みたいなやつ作ってくれない?

 

 

  Instagram

     ↑ giglet Instagram

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album