ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マルシェセットを作る:3 | main |
2019.07.05 Friday

椅子をリフレッシュ

 

 

春に椅子をリフレッシュいたしました。

お店で10年以上使っていた椅子は座面の布は擦り切れたり 椅子自体もガタついたりと

哀れな姿になっているのを知りつつ う〜〜むと先延ばししていましたがさすがに

もう限界ということで 手を入れることになりました。

色等は前と同じが良いというマスターの希望があったので以前と同じ色でイメージチェンジはなし。

目に新しくはないですがやっぱりペンキを塗り直したりすると すっかりきれいになりました。

 

 

原型

 

これは 元々の椅子。居酒屋さんの椅子。

 

これにペンキを塗って 座面を布で覆ってリメイクした 10数年前。

 

 

 

 

その椅子も 

 

 

 

すっかりくたびれてしまいました。座面のクッションもへたってしまったので

今回は 中のウレタンも交換することになりました。

 

まずは椅子のガタつきを補修。 座面を外してみると結構隙間が空いていて そこにボンドを入れ込んで

木片を当てて金槌で叩いて隙間をなくしていきます。

 

 

 

 

 

後は知らないうちに抜けていたり 飛び出していたりしていた 隠し釘の部分を木ネジで補修。

これでかなりガタつきがなくなりました。

 

この補修の後一旦、座面を戻して材料を調達準備。

ペンキ塗りと座面の張替えは3月 臨時でお店を1日お休みを入れて決行することに。

 

 

 

 

 

ペンキは以前と同じ ターナーのJカラー。色はパンジーブルー。

10数年まえ リビングデザインセンターOZONE にあったショールームで色がいっぱい

展示されていたのを見たときはもう嬉しかったなー。

当時 こんなに色がいっぱいあるところを知らなかったからね。

今回は 2k540 AKI-OKA ARTISAN にあるカラースパイスでサンプルもらって色の確認。

注文は ウェブでということでしたので

 

   

 

こちらからゲット。

 

一番探したのが椅子のクッション素材。あれこれ調べて必要なサイズにカットしてくれる

お店があったのでこちらから ⬇ 量り売りになっています。

 

 

   

 

届いたのがこちら ⬇

 

 

 

下のウレタンチップスポンジとウレタンスポンジの2枚重ねで使うので 接着をして

ずれないように下準備。

 

 

 

 

 

 

椅子の座面の布は前の時に日暮里でもう本当にガッツリしっかりの布を格安で手に入れたので

二匹目のドジョウ狙いで行ったけれど 今回はそういうラッキーはなかった。

もうちょっと厚めの6号の布が良かったけれど 値段がマスターの予算に合わなかったので

8号にしました。

 

 

3月某日

 

椅子のリフレッシュ決行。

ペンキ塗りと座面の張替えの助っ人は妹。

 

 

 

 

座面を止めているネジをとって 座面を剥がしてペイント。

ペンキを乾かしている間に

ボロボロだったウレタンを剥がして 強力な両面テープで新しいウレタンを固定。

 

 

 

 

そのあと紺色の帆布で覆うのですがその画像はなし。

座面の布をきっちりとセッティングするのは妹、そういう作業は彼女の方がうまい。

わたしは それをタッカーで留めていく係。

ガンガン作業していったので写真を撮るのを忘れてしまった。

 

 

そして完成したのが これ。

すっきりきれいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この椅子の背にひざ掛けをかけているのですが 今回はそれも新しく作り直しました。

この時点ではまだ出来上がっていないかったのでそれはまた次回。

 

 

 

 

 

 

  Instagram

     ↑ giglet Instagram

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album